FX トレール注文

MENU

トレール注文とは

各FX業者との多彩な注文機能が実装くるようになってきています。

 

その中でトレール注文は、使いこなせばFX投資を行っていくうえでの武器となっていきます。

 

本サイトでは、トレール注文について説明していきます。

 

ひとことでいえば、トレール注文とはストップ・ロス注文において値幅を可変させる機能です。

 

まずは、ストップロス時の逆指値について説明します。

 

fxトレール注文道場−損小利大の注文が可能な業者は−

 

逆指値には、トレンドに乗って仕掛ける場合と損失を限定的にする場合があります。

 

損失を限定する場合、すなわちストップロス時について説明したいと思います。

 

上記の図では、92円で買いポジションを持っています。買いポジションですので価格が上昇すれば利益はでます。

 

それに対して価格が下がれば損失がでるためあらかじめ91円まで下がったら売りという注文を行います。

 

これがロスカット時の逆指値の機能です。

 

トレール注文の場合は、91円まで下がったら売りというように価格を指定するのではなく1円というように値幅を指定します。

 

逆指値との違いですが、価格が上昇した場合たとえば93円まで上昇した場合は、ロスカット値は92円になります。

 

この場合、ロスカットになっても損失はなくロスカットにならない場合は利益になります。

 

fxトレール注文道場−損小利大の注文が可能な業者は−

トレール注文の弱点

いいことばかりのように見えますが、トレール注文にも弱点があります。

 

値幅をいくらにするかということです。

 

明確なトレンドを描く場合は、問題ありませんが、上がったり下がったりの相場の場合ロスカットの値幅が小さいとロスカットの連続になります。

 

裁量でトレードする場合は、経験からロスカット値を決めシステムトレーダーの場合はバックテストを繰り返し決めます。

 

fxトレール注文道場−損小利大の注文が可能な業者は−

トレール注文を活用するには

最近では、トレール注文を使用できる業者も増えてきています。

 

ただし、トレール注文が使用できても思ったような価格で約定できないような業者では意味がトレール注文の意味がありません。

 

本サイトでは、トレール注文が使用できてかつ思った価格で約定できる(スリッページがすくない)FX業者を紹介していきます。

 

トレール注文を有効活用できる業者ランキング

DMM FX

 

2012年第4四半期 月間取引高 世界3位のDMM FXです。

 

レンタルでおなじみのDMMのFX部門ですが、トレール注文が使用できるたけでなくスプレッドも狭く

 

スワップポイントも高いバランスの取れた業者です。

 

約定力こそ高いという評判はないもののトータルバランスに優れたFX業者として1位に推します。

 

20通貨ペア

 

スプレッド原則固定 ドル/円 0.3銭

 

 

 

>>DMM FXでトレール注文<<

 

 

 

SBI FXトレード

 

あのSBIグループのFX会社です。株取引においては楽天証券・クリック証券とせりあい確たる地位を築いています。

 

FXにおいても期待できるでしょう。既にオリコンの2013年の初心者満足度では1位を獲得するなどしています。

 

これは1ドルから取引可能なことからもわかります。

 

12通貨ペア

 

スプレッド原則固定 ドル/円 0.27銭

 

 

>>顧客満足度bP SBI FXTRADE<<

 

 

ひまわりFX

 

FXの老舗のひまわり証券です。

 

FXの口座には、デイトレ口座・レギュラー口座・システムトレード口座の3つがあります。

 

デイトレ口座・レギュラー口座の成り行き注文は、約定率100%を維持しています。
(2011年6月1日〜7月25日 ※ひまわり証券調べ)

 

FXの自動売買ツール、エコトレFXは選ぶだけで自動売買が可能となってます。

 

デイトレ口座・レギュラー口座でのトレール注文は不可ですが、シストレ口座にて可能となってます。

 

 

>>ひまわり証券でトレール注文<<